日帰り天然温泉入浴施設
越生温泉 美白の湯 『 梅の湯 』

令和2年8月1日にオープンした日帰り天然温泉入浴施設 越生温泉 美白の湯『梅の湯 』の露天風呂は強アルカリ性の天然温泉です。
泉質がpH10.3の強アルカリ性で薄い乳白色をしていることより『美白の湯』と名付けられ、令和2年8月越生町初の天然温泉として、ニューサンピア埼玉おごせ敷地内に掘削されました。
強アルカリ性の温泉は皮膚の角質が分解・溶解といった化学反応が起こることで、皮脂を溶かし、肌がすべすべになり美肌効果がみられます。
つまり肌の角質が解けて分解されるのみならず、自分の皮脂で石鹸ができる状態に近いため、入浴後も肌がスベスベになります。

pHとは水の中に一体何が溶け込んでいるのか、その性質を知るために必要な単位です。
「泉質」という温泉の性質の他にも「酸性」、「中性」、「アルカリ性」で大きく3種類に分けることができるpHの数値に注目してみると温泉を更に詳しく知ることができます。
pHの数値が高ければアルカリ性が強く、pHの数値が低ければ酸性度は高い温泉となります。
アルカリ性の温泉とはpH7.5〜pH10以上の値を指します。pH10.3の美白の湯は強アルカリ泉に分類されます。

ご利用案内

大人(中学生以上) 【平日】 545円(税込600円)
【土日祝】636円(税込700円)
※17時以降、455円(税込500円)
小人(4歳〜小学生)【全日】273円(税込300円)
4歳未満無料
フェイスタオル91円(税込100円)
営業時間9:00 〜 22:00(最終入場 21:30)

お食事処「かあちゃん食堂」

お休み処も兼ねたお食事処をご用意しております。
少し横になるのもよし、窓からテニスコートや山々を眺めるもよし、ご自由にご利用下さい。

 全日 11:30 〜 19:45

メニュー